双洋が目指すこと

  1. ホーム
  2. 双洋が目指すこと

新しい価値の創造、豊かな生活文化を提案
コトづくりの“総合貿易商社”を目指して…

誕生は、1966年。

雑貨用品の輸出入からスタートし、乗馬用品などのレジャー用品、さらにはコンテナ型トランクルームに至るまで…。創業以来、双洋貿易株式会社は、日本と海外との架け橋となって、貿易産業の発展に貢献して参りました。

モノづくり大国・日本には、海外の人々が高く評価する、素晴らしい製品や素材が存在しています。

しかしながら今は、「優れたモノ」というだけで売れる時代ではありません。すでに一般的となりつつある言葉ですが、今はモノを売る時代ではなく、コトを売る時代になったからです。

当社では、自ら製造販売する乗馬用品の輸出入業で培った「モノづくりや品質へのこだわり」と、ニッケグループの中核貿易商社としての「グローバルなマーケティング力」を融合させることで、世界に広めるコトづくり効果を発揮して、お客様の多様なニーズに応えるべく事業展開しています。

「モノづくり」の価値を知る会社ならではの「コトづくり」、商品価値の提案型貿易事業こそが、当社の強みであると自負しています。

これからはさらなる発展を目指し、商品・商材に囚われず、多様で高品質な貿易サービスをご提供できる総合貿易商社としての体制を構築してまいります。世界中の多様な需要(コト)と、お客様の商品・サービス・情報(モノ)との最適なマッチングを行う、信頼されるパートナーとして、お客様と共に成長していけるよう、真摯に努力して参る所存です。

モノの品質+コトの強化→日本のモノに新たな価値を!!
お客様の商品の「価値づくり」のパートナーとなる提案型総合商社

モノづくりにコトづくりを加えた
価値の提案

日本から海外へ、海外から日本へ、単に製品をお届けするだけではなく、モノ作りにも携わってきた総合貿易商社としてマーケティング能力をフィット。国内外のニーズを察知して、マーケットインでモノをつくる、ストーリーのある、付加価値の高い商品を提案します。

ニッチでリッチ、
心を豊かにする商品を探して

「心豊かに暮らしたい」。自分らしいライフスタイルへのニーズはますます多様化・高品質化しています。当社では事業領域がたとえ隙間のような小さな市場であっても、価値のわかるお客様に安心・安定した豊かさをお約束。日本を豊かに、さらにリッチに。それが双洋貿易株式会社の願いです。

点と点を結ぶような、
需要と供給の架け橋をつくる

異業種間の企業と企業をつなぐことにより、自社だけではできなかったようなビジネスを可能に。小さなビジネスのニーズを発見し、大きなビジネスへとつなげて育てていく。日本企業を世界へつなぐ、海外企業を日本へつなぐ懸け橋となる。グローバルな「つながり」でバリューチェーンを形成することで、皆様の未来に貢献して参りたいと思います。

ページの先頭へ

Copyright © SOYO INTERNATIONAL CORP., All Rights Reserved.

ニッケグループ